おススメブログ ゲーム編 ブログ

NieR:Automataレビュー『どんなゲーム?~マルチED~』

© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【マルチエンディング システム】

 

雨粒
さぁ今回、ラストの記事になるよ!このブログ3部作を読んで『NieR:Automata』に少しでも興味を持って貰えると嬉しいな。とても緻密な設定があって、ゲームと言うより「ちょっとしたアニメのストーリーを見ている」って感覚で遊んで貰えたらいいなっ!って思ってるよ(  '-' )ノ)`-' )ムニ

 

 

【NieR:Automata 世界観】

【NieR:Automata バトルシステム】

 

こちらは同じ『NeiRシリーズ』の前作だよ!

 

マルチエンディングって何?

 

ねぇねぇ雨粒~。マルチエンディングって何?
ニャン太
雨粒
えっとね・・・選んだ選択肢によりエンディングが、変わっていくシステムの事。このゲームすごいところなんだよ!そして最初のエンディングを見た後もゲームを続けて行くことで、話の真相が分かってくるように設定されているんだよ!公式のスクエニが『最低でも3週はして欲しい』って言っているゲームなの。

 

【マルチエンディングについて】

今作も前作と同様にマルチエンディング方式が採用されており、周回を重ねることで見られる物語が変化する。 エンディングはAからZまでの全26種類が存在し、AからEが周回ごとの正規エンディングFからZは特定の行動を行うと発生するバッドエンディングとなっている。

ここでは『NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫』での表記に準拠し、1周目と2周目をそれぞれAルート、Bルート、3周目以降をC/Dルートと呼称する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.

 

 

周回って?

 

ねぇねぇ~周回ってなぁに?
ニャン太

 

雨粒
エンディングが出た後に、更にゲームを続けて行くことだよ!このゲームに関していえば、視点が変わってストーリー全体が見れるようになっているよ!ʓ৸ʓ৸♪(❛ᴗ❛ و(و˚˙

 

© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.

 

このゲーム本当によく出来ているなぁ~と思います。最初に出てくる 『A エンディング』 はエンディングの中で1番 Good End という形になっています。ですが、その後もゲームを続けて行くことで出てくる 『B~E エンディング』 に到達する過程で【ヨルハ部隊のアンドロイド】【機械生命体】の作られた謎が分かっていき、この世界の成り立ちを知っていける仕様に作られています。

物語が進むにつれて、世界の成り立ちを知って物語が悲しい結末へと進んで行きますが・・・その中でのアンドロイドの起こす行動や考え方に『心』の在り方に心動かされるシーンも多いです!(結末は悲しいんですが 。゚゚(´□`)°゚。ワーン!!

 

悲しいエンディング

 

言おうか、辞めようか迷うんだけど・・・このゲームの物語暗くない?
ニャン太

 

雨粒
うん!ニャン太 その通りなんだ!これは製作者側のこだわりがあっての事なんだよ。

 

【ヨコオタロウさん】
敵とは言え人を殺めて『ハッピーエンド』ってストーリーに違和感を感じていたんだよね。
偉い人

 

雨粒
このゲームは製作者側の意図によりエンディングの全てに『悲しみ』を含んでいます。
NieR:Automataは【史上最高の鬱ゲーム】と言われています。『美しく儚いアンドロイドの物語』をあなたも経験してみてはどうですか?
※一部衝撃的なシーンを含ます。苦手な方には、ちょっとオススメ出来ないのですが・・・。

 

© 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by PlatinumGames Inc.

 

 

まとめ

 

雨粒
3部作に渡って『NieR:Automata』についての記事を書いてきましたが、いかがでしたか?来年にはアニメ放送も始まりますので、ゲームを始めてみてはいかがですか?
エンディングが必ず『ハッピーエンド』が好きな方には向かないストーリーだとは思いますが・・・たまには、ゲームの中とは言え『殺めあう』という行為を考え「はっ!」と気づかせてくれる部分もあるのでは?
また、これだけ悲しいストーリーですが多くの人たちがこのゲームにハマるその理由を知りたくはないですか?
私が紹介した部分は、NieR:Automataのほんの一部分。本や映画を見る感覚で遊んで貰えたらいいなーと思います!

 

【NieR:Automata 世界観】

【NieR:Automata バトルシステム】

 

 


雨粒
最後まで読んでくれて ありがとう!
私からの『A エンディング』の動画をプレゼント!(YouTubeのチャンネル登録したので |ᴗ̵̍°)フフフッ…)
※動画の中には『衝撃的シーン』を含みますので、苦手な方は注意して下さいね!

 

【A エンディング】

 

 

2022.11 雨粒 

-おススメブログ, ゲーム編, ブログ